私は就職活動で最も重要な事を学びました。それは自分の意思で受けるところを決めることです。私は就職活動の時に親や先生の意見に流されるがまま企業に面接に行きました。自分がやりたいことが何なのか全然分からず、取り敢えず有名な会社や、評判の良い会社の面接に行きました。ですが結局、自分がやりたいと強く思うところに自分の意思と自分の足で行かないと受かりませんし、働きだしてからも続かないと感じました。やはり何かを決断する時は人の意見を聞くことも大切ですが、自分の意思を持つことの方が大事です。そして自分の意思は、相手に伝えないといけません。なぜこの企業を受けたいのか、なぜ有名な会社ではない企業を選ぶのか、自分が受けたいという気持ちと受かりたいという気持ちを伝えることで、新しい一歩を踏み出すことができます。間違った人生を間違ったまま生きていく大人にはならず、自分の感情を大切にして、尊重している大人にならなければなりません。その為にも日頃から何事も自分で決めることが大切です。小さなことでも自分で決めることにより、突然現れた大きな問題の壁に立ち向かうことができますし、乗り越えることができます。このようなことを意識して生活するようにするときっと良い就職活動になると思います。